糖尿病
ホーム > 糖尿病

糖尿病

2014年05月02日(金)7:37 PM

 

血糖値が高くなる病気を糖尿病といいます。お菓子やフルーツなどの糖質を多く含んだ

ものを多く食べる人は気をつけるべき病気です。

そもそも血糖値とは?

血液中にどのくらいのブドウ糖があるのかを示す値です。ブドウ糖は私たちの体を動かすエネルギー源となるものです。

糖尿になるとインスリンが不足して、ブドウ糖が細胞にいかなくなります。そのために血糖値が上がってしまうのです。

唯一血糖値を下げるホルモンがインスリンです。

①    食後の血糖値を調整する。

②    血液中のブドウ糖を細胞に送り、活動エネルギーをして使えるようにする。

③    また脂肪(予備エネルギー)として蓄える。

などの大切な役割を果たしているのがインスリンなのです。

 

細胞、すなわち筋肉や臓器にエネルギーがいかないと機能に支障が出でしまいます。

インスリンの分泌や働きを悪くする原因は

食べ過ぎ & 運動不足

他の生活習慣病と共通のポイントですね。

 

糖尿病には3大合併症と呼ばれるものがあります。

①    糖尿症腎症:腎臓が機能しなくなりおしっこが作れなくなります。そうなってしまうと週に2~3回通院して人工透析をしなければなりません。

②    糖尿網膜症:網膜の血管が狭くなり、視力の低下が起こります。

③    糖尿神経障害:手足のしびれが出ます。

 

 

そこで大切になるのがどのように予防するか?になります。

原因となっている食べ過ぎと運動不足を変える必要があります。

肥満の人は糖尿病になりやすいので一緒に肥満も予防・改善していきましょう。

 

やみくもに運動をしたり、食べるものを制限するということは賢くありません。

運動不足は不足している分トレーニングをしてエネルギーを消費するだけでいいのです。

トレーニングをすれば基礎代謝が向上したり、中性脂肪を燃焼することができるのでいいことはたくさんあります。まずは、ウォーキングや簡単な筋力トレーニングをすることがいいです。

食事は食べ過ぎに注意しましょう。チョコを食べ過ぎないとか、お肉ばかり食べないとか、毎日しょっぱいものしか食べないとかなどの偏った食生活を改善するだけでも効果があります。

 

 

トレーニングと食事改善を続けることは簡単なことではないかもしれませんが、日常の習慣にすることができれば無理なくずっと続けることができると思います。

もし健康のために何かを始めたいと思っているのであれば、

いつでもご相談ください。

 

グリーンベア 疋田洋平

 



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み