心臓病
ホーム > 心臓病

心臓病

2014年05月02日(金)7:33 PM

 

突然胸が苦しくなる。動けなくなる。

想像しただけで怖くないですか?

何人か心臓病をお持ちの方のトレーニングを

担当したことがありますが、

やはり「いつも発作が起きないかどうか心配している。」

と思っているようです。

 

 

心臓病は数多くありますが、主なものは

狭心症と心筋梗塞です。

動脈硬化になると心臓に血液がいかなくなります。

このような病気を虚血性心疾患と呼びます。

血液が心臓に回らないと酸素や栄養がいかなくなり、

細胞が壊死することもあります。

 

 

簡単に狭心症と心筋梗塞を説明します。

狭心症は一時的に心臓に血液が行かなくなり胸痛がでます。

比較的発作は軽く2~3分続くことがほとんどで、

ニトログリセリン(速効性硝酸薬)が効きます。

疲れたり、精神的ストレスが引き金となり発作を起こします。

心筋梗塞は狭心症に比べ非常に危険です。命を落とすこともあります。

心臓に血液を送る冠動脈がつまり、激しい痛みが起きます。

ニトログリセリンが効かないこともあり、すぐに病院に行かなければなりません。

 

 

これらの心臓病を引き起こすのが冠動脈硬化です。

高血圧、脂質異常症、喫煙、糖尿病

が主な危険因子です。

ストレス発散、食習慣の改善、トレーニングをして

上記の4つの危険因子を予防することがとても重要です。

狭心症になると生活が変わり制限がでることは間違いありません。

病気になる前に気をつけるってことは

意志が強くないとできないことかもしれませんが、

少しでも何かしなければと思っているのであれば

いつでもご相談ください。

自分だけではできない、続けられない人はお勧めです。

 

グリーンベア 疋田洋平



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み