アーム&レッグレイズ同サイド
ホーム > アーム&レッグレイズ同サイド

アーム&レッグレイズ同サイド

2014年04月24日(木)6:07 PM

 

このエクササイズは体幹部、臀筋、ハムストリング、三角筋(肩)、

脊柱起立筋を鍛えることができます。

全身の筋肉を同時に動かし姿勢を保ちますので、

姿勢改善や体幹部の強化には最適なエクササイズです。

 

フロアの上で行う場合は膝を痛めないように

下にクッションか何かを置くことをお勧めします。

ヨガマットでもいいかもしれません。

手足をしっかりと伸ばすことで体幹部に負荷を

かけますので正しく行うことが大切になります。

5秒停止を10回、繰り返し行ってください。

 

 

主に鍛えられる筋肉

臀筋(大臀筋)、ハムストリング、脊柱起立筋、腹横筋、三角筋(肩)

 

アーム&レッグレイズ同サイドの正しい方法

①    よつんばいになります。

②    体幹部に力を入れて右手、右足を伸ばしていきます。フロアと平行になるまで上げられるのが理想です。また、まっすぐに伸ばしましょう。斜めに伸ばしてバランスをとってしまうとエクササイズの効果が薄れてしまいます。

③    スタートポジションに戻り、反対側の左手、左足を伸ばしていきます。

④    それぞれ5秒停止するのを交互に10回繰り返しましょう。

 

トレーニングの注意点

ü  体を傾けてバランスをとらないようにしましょう。

ü  背中を丸めないようにしましょう。フロアと平行になるように腹筋に力を入れましょう。

ü  手足を伸ばした際は、指先まで力を入れて筋肉をしっかり動かしていきましょう。ただ単に伸ばすよりは筋肉を使うことができ効果的です。

 CIMG2583

 

 

グリーンベア

完全予約制 プライベートジム

トレーニング×スポーツ整体

自由が丘駅から徒歩4分

TEL:03-3725-2789



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み