ディスククローズスクワット
ホーム > ディスククローズスクワット

ディスククローズスクワット

2014年04月16日(水)9:27 AM

ディスククローズスクワットは大腿四頭筋、臀筋、ハムストリング

や体幹部を鍛えることができるエクササイズです。

バランスディスクを使うことで体が前後左右に

ぐらつかないように筋肉が動きます。

バランスをとることにより負荷の高いエクササイズとなります。

 

重心が後ろにいきすぎないように注意しながら

スクワットをします。重心が後ろにいきすぎたり、

脛の外側に力が入ってしまうとエクササイズの

効果が薄れてしまいます。

10回を目安にトレーニングしてください。

 

 

主に鍛えられる筋肉

大腿四頭筋、臀筋(大臀筋)、ハムストリング、脊柱起立筋、腹横筋

 

ディスククローズスクワットの正しい方法

①    バランスディスクの上にのります。両足を均等にのせます。

②    体を安定させたら、ゆっくりと腰を下ろしていきます。

③    体がぐらつかないように腹筋や大腿四頭筋に力を入れます。

④    スタートポジションに戻ります。

⑤    10回繰り返しましょう。

 

トレーニングの注意点

ü  膝がつま先より前に出ないように気をつけてしましょう。

ü  上半身が前のめりにならないように背中に力を入れましょう。

ü  重心が足裏の中央あたりにくるようにしましょう。

 ディスククローズスクワット

 

 

グリーンベア

完全予約制 プライベートジム

トレーニング×スポーツ整体

自由が丘駅から徒歩4分

TEL:03-3725-2789



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み