ボールプランク
ホーム > ボールプランク

ボールプランク

2014年04月06日(日)9:50 PM

ボールプランクは腹直筋や腸腰筋を

を中心に鍛えるエクササイズです。

上半身に体重がかかりますので

肩関節周りの筋肉も一緒に鍛えることができます。

 

体を支えるために手をつけます。

手首を痛めている方は悪化させてしまう

可能性がありますので控えてください。

腸腰筋に負荷をかけることができますので

スポーツのパフォーマンスを向上させたい

方にもおすすめです。

10回を目安にトレーニングしてください。

 

 

主に鍛えられる筋肉

腹直筋、腸腰筋、肩の筋肉

 

ボールプランクの正しい方法

①    両足のつま先をボールの上に乗せ、プッシュアップの姿勢をとります。

②    両膝を胸に抱えるようにボールを引き寄せます。左右にぐらぐらしないようにバランスを保ちながら行うことが大切です。

③    スタートポジションに戻ります。膝を伸ばすまでボールを戻しましょう。ただし、膝がロックされるまで伸ばしきる必要はありません。

④    10回繰り返しましょう。

 

トレーニングの注意点

ü  肘を曲げてしまうと腕にかかる負担が大きくなります。肘は伸ばして行いましょう。

ü  首を曲げたり、背中を丸めたりしない。

ü  ボールを真っすぐに引き伸ばししましょう。

ü  頭に血液が移動するので、気分が悪くなったりしたらすぐに中止しましょう。また、高血圧の方は控えるようにしてください。

 

プランク

上の写真はエクササイズのエンドポジションになります。

両膝を胸に真っすぐ引きつけることで腸腰筋を鍛えることができます。

 

グリーンベア

完全予約制 プライベートジム

トレーニング×スポーツ整体

自由が丘駅から徒歩4分

TEL:03-3725-2789



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み