症状別プログラム #3
ホーム > 症状別プログラム #3

症状別プログラム #3

2014年04月02日(水)8:04 PM

 

前回は慢性的な腰痛の改善例について

おおまかにお話ししました。

今回は減量をして痛みの改善するプログラム

についてご紹介します。

体重の増加による痛みは主に

膝、股関節、腰に症状として

でることが多いです。

それぞれの関節に大きな負担がかかり

支えるのが大変になります。

 

 

今回ご紹介するOさんのプログラムは

膝の痛みを和らげるための減量プログラムです。

Oさんの症状としては

日によって歩くと膝が痛いことがある。

階段を降りる時に膝が痛む。

です。

体脂肪測定の結果やはり体脂肪率が高く

なおかつ内臓脂肪もついているとのことでした。

 

 

減量プログラムのポイントは

大きな筋肉を鍛えること。

最低30分以上継続的にトレーニングをすること。

暴飲暴食をしないこと。

しっかりと睡眠をとり体を休めること。

でした。

 

集中的に鍛えた筋肉は

大腿四頭筋、ハムストリング、臀筋。

下半身の大きな筋肉を中心に鍛えること

に意識してもらいました。

ここで有効なエクササイズは

スクワット

です。ご自宅でスクワットをされている方

も多いのではないかと思います。

 

スクワット 写真

 

この写真はスクワットを横から見たものです。

方法、注意点、ポイントなどは

こちら

を参考にしてください。

 

 

減量をするために重要なのは

トレーニングと食事療法を同時にすることです。

トレーニングによって筋肉を鍛えて基礎代謝をアップさせる。

食事療法によって摂取するエネルギーをコントロールする。

これらを同時に進行していくことで効果的に

体重を減らす事ができます。

 

体脂肪が増加するには必ず原因があります。

運動不足や食べ過ぎ・飲みすぎなど

その原因はいろいろだと思います。

まずは体脂肪が増える理由を調べることが大切です。

 

Oさんの場合はプログラム開始後

1か月で3キロ落とすことに成功しました。

運動不足というのもあったかと思いますが、

食べる量が多すぎたようです。

筋力をつけてリバウンドしない体にすれば

健康な身体を維持することができると思っています。

 

 

グリーンベア 疋田洋平



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み