ストレッチポール バランス
ホーム > ストレッチポール バランス

ストレッチポール バランス

2014年01月11日(土)9:43 PM

ストレッチポール片足バランスは腹筋

を鍛えるのに有効なエクササイズです。

また足の裏に力を入れることに意識すると

とバランスが安定します。

 

体の歪みが強い方は真ん中に乗りながら

バランスを保つことが難しいです。

その場合はそのまま5分ほど乗っていると

背中の筋肉の緊張が少し取れますので

試してみてください。

片足をフロアから浮かした状態で

10~30秒を目安にトレーニングしてください。

 

 

主に鍛えられる筋肉

腹筋、ハムストリング、あとバランス感覚

 

ストレッチポール片足バランスの正しい方法

①    おしり、背中、頭をストレッチポールにのせて、寝ます。

②    手はフロアにつかないようにおなかの上にのせます。

③    片足以外フロアに触れないようにして、もう一方の足を持ち上げます。

④    その状態を10~30秒保ちます。

 

トレーニングの注意点

ü  足ががに股にならないようにしましょう。

ü  体がぐらつかないように腹筋に力を入れましょう。

ü  体を傾けることでバランスをとらず、力を入れることでバランスをとりましょう。

ü  バランスを崩しそうになったら手をフロアにつきましょう。(そのまま肩から落ちると怪我をする場合がありますので注意して下ださい。)

 

ストレッチポール

見本はこのようになります。足はフロアから少し浮かせる

程度でかまいません。この状態を30秒保てるようにまずは

10秒から始めてください。バランスをとりにくい足があると

思いますので、そちら側を重点的にトレーニングしましょう。

初めはぐらぐらしますが、慣れてきたり、体の歪みがなくなると

バランスを保ちやすくなります。

写真を撮ったときは決して見えない右手をフロアについていません(笑)



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み