片足バランス
ホーム > 片足バランス

片足バランス

2014年01月06日(月)6:20 PM

片足バランスは下半身の筋肉を

を鍛えるのに有効なエクササイズです。

またバランスをとるのに腹筋に

力を入れる必要があります。

 

フロアの上で行う場合は

30秒~60秒の間片足でバランスを

とれるようにします。

体を傾けることでバランスを

とらないようすることも大切です。

 

 

主に鍛えられる筋肉

下半身の筋肉(ふくらはぎ、ふともも、おしり)、腹筋

 

 

片足バランスの正しい方法

①    背筋を伸ばして立ちます。

②    片方の太ももをフロアと平行になるまで持ち上げます。

両手を左右に広げ動かないようにしましょう。

③    体がぐらぐらしないように設定時間(30秒~60秒)

の間バランスをとります。

 

トレーニングの注意点

ü  背筋をしっかりと伸ばしてしましょう。

腰を反ったり、曲げたりしないようにします。

ü  体を左右に傾けないようにしましょう。

正しい姿勢を保ちながら、鍛えるべき筋肉を鍛えることが大切です。

ü  ぐらぐらする場合は腹筋に力を入れることを意識しましょう。

 

片足バランス1

この写真のように身体を傾けないように注意してください。

体を傾けるとバランスがとりやすくなる場合がありますが、

鍛えたい筋肉を効率よく鍛えられなくなります。

 

 

 

片足バランス2

これが正しい片足バランスのやり方です。

両手を広げ、太ももを持ち上げた状態で

バランスを保ちましょう。

慣れてきた方は目を閉じてやると難易度が上がりますので

お勧めしています。でもめまいがあるかたはやらないように

してください。

 

 



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み