ご長寿はお肉をたくさん食べる?
ホーム > ご長寿はお肉をたくさん食べる?

ご長寿はお肉をたくさん食べる?

2017年12月04日(月)7:48 AM

ご長寿はお肉をたくさん食べる?

 

 

よくご長寿の方は

お肉をたくさん食べると

TVでやっています。

 

 

やはりお肉からタンパク質を

1日に必要な分は摂取しているからでは?

毎日必要な栄養素です!

 

 

そこでどれくらいの

タンパク質を1日に摂取すればいいのか?

気になりませんか?

 

 

自分の体重(㎏) = タンパク質 必要摂取量(g)

 

 

これが目安です!

例えば体重が60キロであれば、

1日に60gのタンパク質を摂取したいところです。

 

 

トレーニングをしている人、

筋肉をつけたい人は

自重の1.5~2.0倍のタンパク質量がおすすめです。

 

 

ただタンパク質の取りすぎは

肥満になる傾向がありますので

ご注意ください。

 

 

そこで、

普段食べるものでタンパク質を

含んでいる食品は?

 

 

白米                     200g                   5.0g

納豆                     1パック               10.0g

鶏モモ               100g                   17.0g

牛乳                     200ml                  7.0g

たまご                  1個(m)           8.0g

鮭                         1切れ                  15.0g

 

 

ザクっとこんな感じです。

大まかな目安としてください。

 

 

お肉だけで1日分のタンパク質量を

摂取するのは大変ですが

その他の食品にもタンパク質は含まれているので

 

 

バランス良く摂取して

筋肉をつけたいところです。

もちろんビタミンなどの他の栄養素も

摂取しなければなりませんし・・・

 

 

年をとり筋肉が衰える原因は

トレーニング不足のほかにも

タンパク質の摂取不足が関係していそうです!

 

 

もし普段の食事で充分なタンパク質量がない

かもと思われたのなら

一度、1日の食事のタンパク質量を計算してみると

いいかもしれません。

極端に少なくなければ大丈夫です( ˘ω˘ )

 

グリーンベア プライベートジム
トレーニング & ストレッチ
自由が丘 徒歩4分
℡:03-3725-2789
 
代表 疋田洋平

 



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み