捻挫の正しい治療法。
ホーム > 捻挫の正しい治療法。

捻挫の正しい治療法。

2016年07月07日(木)9:45 AM

ねんざの正しい治療法。

 

 

 

おかげさまで、捻挫した足首も良くなってきました。

テーピングをすればバスケットもできるぐらいの回復です。

今日は急性のケガの対処方法についてお話します。

捻挫や肉離れも有効です。

ちなみに捻挫は靭帯を傷めること。

肉離れは筋肉を傷めることです。

 

靭帯または筋肉を伸ばして傷めてしまうと、

内出血をしたり、損傷した部位を治すために

水分が集まり腫れ上がります。

この腫れをいかにおさえて、痛みを軽減させるかが

重要になります。

スポーツ選手は一日でも早くケガを治療して

試合に出なくてはならないということがありますので

ケガ直後の対処は非常に重要です。

 

急性のケガの対処方法の基本はR.I.C.Eです。

そう、ライスです。

といってもお米ではありません。私は最初お米を使って

治すなんてどうやってやるんだ?と思ってしまいましたが、

R.I.C.Eは頭文字で、

Rest,Ice,Compression,Elevation

休憩、アイシング、圧縮、持ち上げる

 

つまり

  1. すぐに氷で冷やす。
  2. 包帯やラップを使って患部を締めつける。
  3. 足を心臓より高く持ち上げる。
  4. そしておとなしく休む。

 

捻挫や肉離れをしてしまったときのために

良かったら覚えておいてください。

 

 

グリーンベア プライベートジム

トレーニング & ストレッチ

自由が丘 徒歩4分

℡:03-3725-2789

 

代表 疋田洋平



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み