冷シップと温シップ
ホーム > 冷シップと温シップ

冷シップと温シップ

2016年05月16日(月)3:46 PM

冷シップと温シップ

 

どのように使い分けるの?

その理由は?

 

 

冷シップと温シップの使い方

ちゃんと理解していますか?

冷たい方が好きとか

温かいと治るような気がするということでは

正しく使えていることにはなりません。

 

使い分けるポイントは痛い部位が

炎症しているかどうかがポイントになります。

炎症しているときに温シップを使ってしまうと

炎症を悪化させてしまい症状がよくなりません。

また炎症していないときに冷シップを使っても

血流を妨げることになり治りが遅くなる場合があります。

 

筋肉や関節の炎症は痛めてから2~3日間です。

その間は冷シップをして患部を冷やし

炎症を抑えることが正しいです。

その後は炎症がおさまり患部の治癒が始まります。

痛いとなかなか患部を動かさないことから

血流が悪くなり治りが遅くなります。

そんな時は温シップをして患部を温め、

血行を促すことがいいです。

 

ケガや筋肉痛に対する体の仕組みを正しく理解

するとちゃんとシップを使い分けることができます。

少しでも参考にしていただければと思います。

 

グリーンベア プライベートジム

トレーニング & ストレッチ

自由が丘 徒歩4分

℡:03-3725-2789

 

代表 疋田洋平

 



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み