セルフストレッチとパーソナルストレッチの差。
ホーム > セルフストレッチとパーソナルストレッチの差。

セルフストレッチとパーソナルストレッチの差。

2016年04月25日(月)5:32 PM

セルフストレッチとパーソナルストレッチの差。

Hip ST 2

 st hp pic

 

 

セルフストレッチとは自分で自分の筋肉を伸ばすことです。

一方、パーソナルストレッチとは

他人に筋肉を伸ばしてもらうことになります。

今回はこの2種類のストレッチの比較をしてみたいと思います。

 

まずはセルフストレッチ。

一番のいいところは気軽にできるところ。

時間を選ぶことはありませんし、ちょっとしたスペースが

あればすることができます。

ただストレッチの効果を出すためには

筋肉がしっかりと伸びて少し痛みがあるぐらいでないと

なかなか効果を得ることはできません。

自分でストレッチをする場合は

痛みがあるとそこでやめてしまったり、

力を入れるので疲れるという弱点があります。

 

パーソナルストレッチ。

場所を見つけたり、時間を作ったり、お金が必要だったり、

トレーナーを探したりといろいろと手間がかかります。

それでもパーソナルストレッチのいいところは

セルフストレッチよりも効果が得られやすいところ

筋肉を伸ばす際に自分で力をいれることがありません。

また関節可動域が広がり筋肉がより伸びて柔らかくなります。

 

理想をいうのであればこのふたつを併用すること。

週1回程度パーソナルストレッチを受けて、

毎日セルフストレッチを簡単にする。

これが一番効果が出やすいです。

筋肉が伸びることで

血流が良くなる。

疲労回復。

肩こり、腰痛、膝の痛みなどの予防・改善。

体にとってはいいことがたくさんあります。

お仕事中に体を動かすことが少ない方や

普段運動習慣がない方にはストレッチはお勧めです。

トレーニングと違ってつらいと感じることは

少ないと思います。

 

もしあなたが体の痛みに悩んでいるようでしたら

毎日5分でも継続していただきたいと思います。

 

グリーンベア プライベートジム

トレーニング & ストレッチ

自由が丘 徒歩4分

℡:03-3725-2789

 

代表 疋田洋平



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み