理想のトレーニングとは?
ホーム > 理想のトレーニングとは?

理想のトレーニングとは?

2016年04月18日(月)6:04 PM

理想のトレーニングとは?

 

 

 

 

 

今回お話しする

理想のトレーニングとは?

はトレーニングの量に関してになります。

どれくらいのトレーニングをすれば

一番効果を得られるのか?

は個人それぞれですが

これを判断するのが少し難しいのです。

 

簡単に言うと

負荷が高すぎなく、低すぎない。

運動量が多すぎなく、少なすぎない。

時間が長すぎなく、短すぎない。

トレーニングが最高だと思います。

プロスポーツ選手は

体と心を追い込むことも必要ですが、

一般の方であれば適度にトレーニングすることで

最大の効果が得られると信じています。

 

少しきついかなぁ

と感じるぐらいで

次の日に筋肉痛になるのが理想のトレーニング量ではないでしょうか?

筋肉痛の感じ方は人によって違いますが、

一般的な感覚として

鍛えた筋肉を動かすと痛い、重い。

全身がだるく感じる。

などといった感覚があります。

 

筋肉痛を起こすことで

鍛えた筋肉がより強くなって修復されるのです。

トレーニング負荷が高すぎた簡単な目安は、

筋肉痛が2日後、または3日後に来る場合です。

あとからくる筋肉痛は

筋肉がかなりダメージを受けたことによって

起こります。

トレーニングを始めたばかりで基礎筋肉が

出来上がってない場合に感じることが多いかもしれません。

 

グリーンベアではより適度なトレーニング量を

見極めてプログラムを提供したいと思っています。

トレーニング量、負荷が全然足りないと感じる

会員様は遠慮なくお申し付けください。

 

グリーンベア プライベートジム

トレーニング & ストレッチ

自由が丘 徒歩4分

℡:03-3725-2789

 

代表 疋田洋平



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み