ダンベルの役割。
ホーム > ダンベルの役割。

ダンベルの役割。

2016年02月08日(月)3:16 PM

ダンベルの役割。

IMG_0134

 

 

トレーニングを始める前までは

ダンベルって言われてもわからなかったかもしれませんが、

もう皆さまご存知かと思います。

ダンベルの役割は体に負担をかけて、

筋力アップをすることです。

 

筋肉はかかる負担の大きさによって

発達したり、衰えたりします。

お仕事が運搬だったりすると筋力は

デスクワークの人より発達していると思います。

また、入院をして寝たきりの状態が2週間以上

続くと筋力にかかる負担が極端に少なくなり

足がびっくりするくらい細くなることもあります。

 

家でダンベルを使ってトレーニングするときの注意は

「肩関節を鍛えるときに重すぎるダンベルを使用しないこと」

です。肩関節は可動域が広いぶん、大きな負担をかけると

靭帯を痛めてしまうことが多々あります。

女性の場合は1キロ2キロでも十分です。

 

ホームトレーニングを希望される方は、

個人に合ったプログラムを提案することができますので、

自己流でのトレーニングはなるべくさけて

いつでも相談してください。

 

 

グリーンベア プライベートジム

トレーニング & ストレッチ

自由が丘 徒歩4分

℡:03-3725-2789

 

代表 疋田洋平



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み