ダイエットの落とし穴。#2
ホーム > ダイエットの落とし穴。#2

ダイエットの落とし穴。#2

2015年07月09日(木)5:03 PM

ダイエットの落とし穴。#2

bg_spd

 

 

前回は食事コントロールがいかに体脂肪を減らすうえで

大切かをお話ししました。

今回はその話の続きで、

「トレーニングとダイエットの関係」

についてお話しいたします。

 

前回も話した通りトレーニングだけをして

体重を減らすということはとても大変なことです。

トレーニングをしてもダイエットには

何も効果がないのでは?って思っていませんか?

 

食事コントロールだけをして痩せると何が問題なのか?

その答えは、

「健康的に痩せたというよりはやつれた感じになってしまう。」

からです。考えようかもしれませんが・・・

トレーニングをすることで筋肉量を維持して

体全体が引き締まる感じで痩せることができます。

 

食べずに痩せると体脂肪と一緒にかなりの筋肉量も減ってしまいます。

その筋肉量低下を防止するためにトレーニングが必要なのです。

トレーニングで筋肉量を維持できれば、

リバウンドしにくい体になり体型を維持するのも比較的簡単です。

しかし、食べずに痩せるとリバウンドしやすい体に。

大半の人は我慢に我慢を重ねて食事を減らし、

体重を減らします。その反動でダイエット後にたくさん食べてしまうこと

はめずらしくありません。

また必要以上に食事の量を減らしてしまうと、

体力の低下、皮膚のかさつき、ストレスの増加など

いろいろと問題が出ることがあります。

 

やはり健康的にダイエットをするなら、

  1. トレーニングと食事コントロールを組み合わせること。
  2. 健康的に痩せるために過度な食事制限をしないこと。

 

この2つが重要なポイントになります。

自分の体に合ったトレーニングそして目標を設定して

理想の体型を手に入れて維持しましょう。

 

 

グリーンベア プライベートジム

トレーニング&ストレッチ

自由が丘駅 徒歩4分

℡:03-3725-2789

 

代表 疋田洋平



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み