ダイエットのポイント#2
ホーム > ダイエットのポイント#2

ダイエットのポイント#2

2014年11月05日(水)9:41 PM

➀ トレーニング

 

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるのが理想的です。

有酸素運動はウォーキング、ジョギング、スイミングなど

長い時間継続的に体を動かすトレーニングになります。

 

効果としては脂肪をエネルギー源として使用することで脂肪を燃焼させます。

無酸素運動はウエイトトレーニング、体幹トレーニングなど

休憩を入れながら大きな負荷をかけてするトレーニングになります。

 

効果は筋量が増えることで基礎代謝を上げることができます。

つまり、日常で消費するエネルギーが増加します。

 

2種類のトレーニングを組み合わせることで

脂肪の燃焼と基礎代謝の向上、

さらにリバウンド防止の効果を期待することができます。

 

 

② 食事

 

体重をコントロールするのに一番重要なポイントです。

基本的には消費カロリーが摂取カロリーよりも大きいと体重は減っていきます。

逆の場合は増えることになります。

 

“痩せたいのに体重が全然減らない”という人は

自分が思っているよりも摂取カロリーが多いのです。

大切なのは健康を維持しながら痩せること。

 

自分の消費カロリーと摂取カロリーを把握して、

体重をコントロールしましょう。

 

 

➂ 睡眠

 

正しく睡眠をとると約300キロカロリーのエネルギーを消費します。

少ないと感じるかもしれませんが

ダイエットは数か月間継続することになりますので、

このエネルギー消費の積み重ねはバカにできません。

 

またダイエット期間に体調を壊したりすると

一時的に中止しなければなりません。

さらにモチベーションの低下につながることもあります。

 

正しく睡眠、規則正しい生活をして

エネルギー消費と体力維持(健康管理)をしましょう!

 

 

➃ 意志(モチベーション)

 

ダイエットを成功させるには強い意志が必要です。

もし今自分の体重が重いと思っているのであれば

その理由(原因)を調べてみてはどうでしょうか?

 

何か思い当たることはありますか?

間食が多いとか、揚げ物ばっかり食べているとか・・・

あなたは我慢できますか?そして、継続できますか?

 

それに加えてトレーニングも継続的にできますか?本

当に痩せたいと思っているのであれば

強い意志でやるべきことを継続していきましょう!

 

 

➄ 知識

 

ダイエットに関しての知識はトレーナーがついていれば、

教わったことを覚えておくだけでいいと思います。

 

プロについてもらわない場合、

つまり自己流でやるのであれば

最低限の知識を持たなければなりません。

 

例えば、

脂肪をエネルギーに変えるために必要なこととは?

糖質オフダイエット、断食などは危険が伴うこともある?

リバウンドをしないためにするべきこととは?

 

 

などなどです。

自己流でやる人は特に気をつけてほしいと思います。

健康的に痩せるには知識が必要だという事です。

 

 

次回は

自分の消費カロリーの計算方法

についてお話ししたいと思います。

食事コントロールをするには知っておくべき重要なことです。

 

 



«   |   »

インターネット割引

グリーンベアはこのような症状に対応しています。

◇慢性的な腰痛・首や肩のこり
◇肩の痛み(四十肩)
◇術後で落ちてしまった体力と筋力の向上
◇骨が曲がることでの悪い姿勢
◇骨盤の歪みや足の長さが違う
◇運動不足や加齢で衰えた筋力の向上
◇足のむくみ、こむら返り
◇高血圧や持病で専門的な知識が必要なトレーニング指導
◇変形性股関節症による痛み
◇腰椎狭窄症やすべり症による腰の違和感
◇膝の痛み